他の手続きについて | 借金に苦しんでいる人には、債務整理をおすすめします

MENU

他の手続きについて

お菓子のお金

では任意整理以外の債務整理の手続きについて、さらにまとめておきたいと思います。

まずは「個人再生」について話していきましょう。
個人再生は裁判所を通じて、借金の減額をおこなうための方法です。
多重債務者の再生計画を図っていきます。
個人再生の場合は借金をなんと全体の5分の1まで減らすことが最終的にできるので、かなり借金の負担がラクになります。
また個人再生をすると3年間かけて完済を目指すことになりますが、それでも借金が残ってしまった場合はなんと残りの借金がすべて免除されます。
つまりどんなに借金があったとしても、3年間返済をし続けることができればいいのです。
ただし1回でも滞ってしまうとアウトなので、必ず3年間継続することが重要になります。

そして「特定調停」というのは、簡単にいうと裁判所に仲裁してもらって借金を減額する方法になります。
基本的には手続きの際に3年から5年かけて全額返済を終わらせるように計画を立てることになるでしょう。
なお特定調停をする場合は、調停委員と呼ばれる人があなたの代わりに債権者と交渉することになります。
つまり任意整理と似たような形になりますが、弁護士や司法書士を使わないので費用を大きく節約できるのが特徴です。
だから債務整理をする際にあまりお金をかけたくない人は、特定調停という方法がもっともおすすめできます。
また過去に専門家に債務整理の手続きを断られた人も、この方法だったらすぐに実現することができるでしょう。