最終手段として | 借金に苦しんでいる人には、債務整理をおすすめします

MENU

最終手段として

小銭の画像

借金を背負っている人によっては、自分の収入から見てどう考えても返済不可能な状態に陥っているケースがあると思います。
そういう場合は、ずばり「自己破産」と呼ばれる方法を使って債務整理をしてみるのがいいでしょう。

自己破産というのは他の債務整理の方法とはかなり異なるタイプとなります。
ずばり自己破産をすれば、自分が現在背負っている多額の借金がすべて免除されます。
つまり1円たりとも借金を残すことがなくなるので、これで借金のことはなにも気にせずまともな生活を新たにスタートすることができるようになります。
ただし自己破産をするには本当に支払不能な状態でなければいけないので、そうじゃない場合は自己破産の手続きをすることができません。

また自己破産という方法は、借金をゼロにする代わりに大きなデメリットがあります。
たとえば最大10年間は借金を再度することができません。
他の手段を取ってもブラックリスト期間は必ずありますが、圧倒的に自己破産の方がその期間は長くなってしまいます。
そして自分の名前や住所が、官報と呼ばれる機関紙に掲載されます。
また免責の決定を受けるまでに、一部の職業には就けなくなってしまいます。
そのためできる仕事の種類に限りがあるわけです。
あとは、自分の持っているすべての財産を失うことになります。
そのため長年大事にしていたものも全部なくなってしまうわけです。
ただしだからといって本当の意味ですべてなくなるわけではなく、生活を普通にできる程度の財産のみ手元に残ります。
そのため価値のある財産はなくなっても、普通の生活に戻ることはできます。